【初心者向け】プログラミングが楽しくないと感じる原因3選

プログラミング

どうも、Kohei(@koheinishino_)です。

プログラミングを勉強し始めると

プログラミングを勉強し始めたけど正直楽しくないしつまらない…。

と悩んでしまうこともあるかと思います。私も未経験で入社したSIerでいち早くキャッチアップしようと家に帰ってもプログラミングを勉強していましたが、3ヶ月くらい全く楽しくありませんでした。

しかし、ある時を境に突然プログラミングを楽しく感じられるようになりました。自分がプログラミングを楽しいと感じられるスイッチがどこにあるかを理解したからです。

この記事では駆け出しエンジニアの方向けに、プログラミングを楽しむためのコツを紹介します。

記事を読むことでプログラミング学習のモチベーションが下がってきたときにやる気を再燃させることができます。

プログラミングが楽しくないと感じる理由3選

成長している実感がないから

成長している実感がないとプログラミングが楽しくないと感じてしまいます。

ProgateなどのチュートリアルでWebページを作り終えてもあんまり達成感を感じられなくないですか?原因は画面の指示にしたがっているだけで自分の創意工夫の余地がないからです。

部活の練習においても、監督の考えたメニューを「コレやる意味あんのかよ…」と感じながらやるのか、結果を出すために自分で考えたメニューをやるのでは楽しさが全く違うと思います。つまり、自分で考えて自分でやると決めたことに関してはより達成感を感じられるということ。

プログラミングを楽しむためには自分で考えながら手を動かす必要があります。

作業がとても地味だから

プログラミングの作業が地味で楽しくないと感じる方も多いかと思います。

初心者あるあるだと思うんですが、プログラミングってイメージよりもだいぶ地味じゃないですか?基本的に1日PCに向き合ってるだけなので単調でつまらなくなってきますよね…。

特に勉強し始めた段階だと1つのエラーを潰すのに何時間もかかったりします。何時間も考えたのに結局スペルミスが原因だったときは萎えますよね…。それでまた次のエラーに遭遇するという単調なループになってしまいます。

「プログラミング=地味で単調な作業」これは案外間違いではないと思います。しかし、この現実のみを受けていてはプログラミングはつまらないままです。

そもそもプログラミングにあまり興味がないから

当然ですがプログラミングに関心がない状態では楽しいわけがありません。

「将来的にフルリモートで働きたい!」とか「たくさんお金を稼ぎたい!」という人が多く当てはまるのではないかと思います。要はプログラミングで技術的な何かを成し遂げようと思っていない人です。

個人的にはそういう理由でプログラミングを始めるのは全く悪くないと思いますが、この理由だけだと中々続きません。やはり人間、興味のあることじゃないと続けられないんですよね…。

自分がプログラミングに興味がないことを認識し、ハマるためにはどうするべきかを考える必要があります。

プログラミングを楽しめるようになる方法

ここまでプログラミングが楽しくないと感じる原因について3つ紹介しました。

  • 成長している実感がないから
  • 作業がとても地味だから
  • そもそもプログラミングにあまり興味がないから

ここからはそれぞれの原因に対して具体的な解決策を紹介します。

自分でアプリを作ってみる

自分で考えた成果物を作ってみることでプログラミングを楽しく感じられます。自分の創意工夫がかたちになるからです。

とはいえ、最初から自分でアプリを作るのは簡単ではありません。特に初心者の方だと何から手をつけていいのか分からないと思います。

そのような方向けに下記の記事で効果的なアウトプット方法について解説してます。ぜひご覧になってみてください。

意識が高まる動画を見る

「プログラミング=地味で単調な作業」と上述しましたが、プログラミングってスゴい技術なんだよ!と教えてくれる動画があります。それが以下の動画。

What Most Schools Don't Teach

僕は初めてこの動画を見たとき単純に

シリコンバレーのエンジニアってカッケー!!

と思いましたw

個人的に海外のスーパーエリートの方の言葉に感化されやすいので、この動画を見てプログラミングモチベーションがめちゃくちゃ上がりました。自分は凡人ですがこの人達と同じ技術を使ってるんだと思うと何だかワクワクします。

自分にとってモチベーションが高まる動画を見つけてみてください。特にシリコンバレー系エンジニアの動画は説得力がハンパないのでオススメです。

プログラングを楽しく学べるコンテンツを探す

プログラングにあまり興味のない人がプログラングを楽しむためには徹底的にハマるしかありません。僕が思うに何事においても楽しめないという状況は言い訳でしかないです。

学校の勉強でも同じことが言えると思います。私は高校生のとき化学が嫌いでした。というか学校の化学の先生の教え方がヘタクソ過ぎたので全員嫌いだったと思いますw しかし、僕はYouTubeで東大生が化学を教えている動画がきっかけで化学にハマりました。教え方がめちゃくちゃ上手で、何よりも理解していく過程が学校の授業とは比べ物にならないくらい楽しかったです。そして僕は大学で化学を専攻しました。

何を伝えたかったのかと言うと、きっかけ一つで視点が全く変わるということです。プログラミングにおいても、教えてもらう講師が違うだけで理解度が全く変わります。どうせだったら楽しく分かりやすく勉強したいですよね。

動画教材であればUdemyがオススメです。自分が学んでいる技術で評価が高いものを買っておけば間違いないかと思います。1つの技術を学ぶ際は色々な教材をつかって自分に合うものを見つけてみてください。

まとめ:とにかくハマれ!

プログラミングを楽しめるようになる方法は下記の3つです。

  • 自分でアプリを作ってみる
  • 意識が高まる動画を見る
  • プログラミングを楽しく学べるコンテンツを探す

僕は堀江貴文さんが好きで著書をよく読んでいるのですが、その中のゼロという本に好きな一節があります。

勉強でも仕事でも、あるいはコンピュータのプログラミングでもそうだが、歯を食いしばって努力したところで大した成果は得られない。努力するのではなく、その作業に「ハマる」こと。なにもかも忘れるくらいに没頭すること。それさえできれば、英単語の丸暗記だって楽しくなってくる。

– ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく(堀江貴文)

この一節を見たとき「これが頭の良い人の楽しみ方なのか…!」と驚愕しました。それまで自分がつまらないと感じるものは先天的に合わないものだと思い込んでいました。でもそれは違っていて、何種類もやり方を試せばいつか自分が楽しめるやり方を見つけらます。

今自分がつまらないと感じていることもハマれるようになるまでひたすら多動していきましょう。僕もまだまだ24時間を有効活用できていないので日々精進していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました