Ruby on Rails

【初心者向け】現役エンジニアが選ぶオススメのRuby on Rails解説書籍3選

どうも、Kohei(@koheinishino_)です。

RubyやRailsの表面的な部分は何となく分かってきたけど、より基本的な部分まで理解できていない気がする…。RubyやRailsについて体系的に解説している書籍のオススメを知りたい!

という方に向けて、今回の記事では現役エンジニアの自分が実際に読んでみて「分かりやすくて初心者にもオススメできる」と感じたRuby on Railsの書籍を3冊紹介します。

具体的に言うと、「RubyやRailsの基礎学習を一通り終えてポートフォリオ作成中のエンジニア」の方や、「実務経験1年未満のエンジニア」の方向けの記事になっています。

自分もコードレビューを受けているときなどに「こんな便利なメソッドがあるの知らなかったな…。」とか「メソッド自体は知ってたけどこんな使い方ができるのか!」と感じることがよくあります。

そういったときに基礎の学習が足りてないなと実感するわけです…。

そのような方がこの記事を読むことで、ポートフォリオづくりや実務で壁にぶち当たったときに必要な情報を効率的に学習できる書籍と勉強方法について知ることが出来ます!

今回紹介する3冊のうちの中から自分の目的にあった書籍を選び、RubyやRailsを勉強する際の参考にしてみてください!

オススメのRuby on Rails解説書籍3選

1. プロを目指す人のためのRuby入門 言語仕様からテスト駆動開発・デバッグ技法まで

プロを目指す人のためのRuby入門 言語仕様からテスト駆動開発・デバッグ技法まで Software Design plus
created by Rinker

オススメの書籍1冊目は「プロを目指す人のためのRuby入門 言語仕様からテスト駆動開発・デバッグ技法まで」です。

この書籍はタイトルにもなっているとおりRailsというよりはRubyにフォーカスした書籍です。

おそらくRubyだけで開発するプロジェクトは少なく、ほとんどの場合でRailsを採用しているプロジェクトが多いと思います。しかしRailsのベースにはRubyがあるわけで、Ruby関連の知識をサンプルコードと例題で学んでみたいと考えている方にオススメです。

具体的には型の処理方法や、配列と繰り返し処理ハッシュとシンボル等の言語によって書き方が少しずつ異なってくる部分について特に詳しく解説されています。

そのため、これらに関連する部分について指摘を受けた際に都度読み返すような使い方がオススメです。言語仕様を理解して自身の書き方を修正していきましょう。

また、著者である伊藤淳一さんはRubyプログラマーとして有名な方で、ご自身のブログQiitaで積極的に発信活動をされています。どの記事もかなり分かりやすくまとめられているので、書籍を購入する前に是非ご覧になってみてください!

2. パーフェクト Ruby on Rails 【増補改訂版】

パーフェクト Ruby on Rails 【増補改訂版】 (Perfect series)
created by Rinker

オススメの書籍2冊目は「パーフェクト Ruby on Rails 【増補改訂版】」です。

この書籍はRailsについて解説している書籍の中でも比較的新しい情報が掲載されており、主にRails6.0系をベースに解説されています。

Railsの思想や基本的な機能の部分から解説されているため、これからRailsを学び始める方やRailsの最新機能にキャッチアップしたい方にもオススメです。

具体的にはRailsが採用しているMVCアーキテクチャの基本的な話から、turbolinksやwebpackerなどの最新のRails開発でよく取り入れられている技術の話まで幅広く解説されています。そのため本書の使い方としては、実際の開発中にそばに置いておいて辞書的に閲覧するような使い方がオススメです!

また後半部分からは実際にハンズオンでアプリを作成しながら学習できるので、時間があるときに実際に手を動かして知識を定着させていくような使い方もアリです!

3. オブジェクト指向設計実践ガイド ~Rubyでわかる 進化しつづける柔軟なアプリケーションの育て方

オブジェクト指向設計実践ガイド ~Rubyでわかる 進化しつづける柔軟なアプリケーションの育て方
created by Rinker

オススメの書籍3冊目は「オブジェクト指向設計実践ガイド ~Rubyでわかる 進化しつづける柔軟なアプリケーションの育て方」です。

本書はRubyやRailsの内容からは少しずれますが、オブジェクト指向設計についてRubyを使用して解説しており、オブジェクト指向設計をあまり意識してこなかったRubyプログラマーの方にオススメの書籍となります。

オブジェクト指向について解説されている書籍は他にもたくさんありますが、本書はRubyで書かれていることもありRubyで開発している方はそのまま流用しやすいため、この書籍についても実際の開発中にそばに置いておいて辞書的に閲覧するような使い方がオススメです!

自分もそうなのですが、まだ駆け出しのころに実際に業務で開発し始めると既存コードの量に圧倒されて、

(この処理どのファイルに書いていこうか…?)

となりがちかなと思いますw そんなときにオブジェクト指向の概念を頭の片隅に置いておくことで、根拠をもって実装を進められるようになっていくと思います。

注意点として、自分は特に気になりませんでしたが「翻訳版独特のクセのある文章」や「説明が冗長」というレビューがちらほら見られるため、気になる方は一度立ち読みしてから購入してみてください!

まとめ:基礎学習の大切さを忘れずに!

今回はRuby on Railsを学ぶためにオススメの書籍3選を紹介しました!

3冊とも初心者から中級者にステップアップするために必要な知識を体系的に身につけるような書籍かなと思います。

割とボリューミーな内容なので最初からこれらを学習しておく必要はないと思いますが、自分でアプリをつくったり実際に業務でプログラミングをしていると「インプットが足りてないな…。」と感じる時期が必ず来ると思うので、そのときに今回紹介した書籍を見直してみてください!

主にRuby on Railsについて自分なりに解説した記事も投稿しているので、こちらも是非あわせて読んでみてください!

【教材レビュー】Udemy 即戦力Railsエンジニア養成講座 どうも、Kohei(@koheinishino_)です。 ProgateやドットインストールでHTML/CSS、JavaScri...
【初心者向け】RubyやRailsのドキュメントは何を参照すればよいのか どうも、Kohei(@koheinishino_)です。 この記事を読んでいる方の中には、現在進行系でRuby on Rails...
【初心者向け】RailsのUpdate系メソッドの使い方まとめ どうも、Kohei(@koheinishino_)です。 RailsのUpdate系メソッドって何個か種類あるけど、それぞれど...
ABOUT ME
Kohei Nishino
Webエンジニア、ブロガーです。新卒未経験で開発エンジニアとして大手SIerに入社し2年で退職。その後、派遣と業務委託を半年ほど経て都内のWeb系企業にエンジニアとして転職。しばらくは本業コミットのため技術的な話が多めです。Ruby on Rails / React.js / AWS