キャリア

【書評】CAREER SKILLS ソフトウェア開発者の完全キャリアガイド

どうも、Kohei(@koheinishino_)です。

エンジニアとして働き始めようと思うけど不安がたくさんあるな…。

不安を解消してくれるアドバイスがほしい!

本記事では上記のようにエンジニアになることに興味ある初心者の方向けに、「CAREER SKILLS ソフトウェア開発者の完全キャリアガイド」という書籍をご紹介します。

僕自身はキャリア形成中の現役エンジニアではありますが、CAREER SKILLSを読んで初心者からベテランエンジニアを対象に次のキャリア形成の参考になる内容が多く詰まっているなと感じました。

僕が実際に読んだ感想をお伝えしますので、購入を検討する際の参考にしていただければと思います!

CAREER SKILLS ソフトウェア開発者の完全キャリアガイド
created by Rinker

CAREER SKILLSとは?

書籍の概要

この本の大きな目標は、あなたのソフトウェア開発者としてのキャリアがどの段階でも、そのキャリアを次のレベルに進めるために何かしら役に立つものを引き出せるようにすることだ。

CAREER SKILLS – 第1章

この書籍を僕なりに一言でいうと、「エンジニアになろうと思っている人がキャリアの全体像を把握するために必要な一冊」です。

主に前半ブロックでは、エンジニアになるために事前に知っておきたい知識や勉強方法エンジニアとして働くための就職活動の手順など、これかエンジニアになろうと思っている方向けの内容の紹介が多いです。そのため、既にエンジニアとして働いている方にとって前半部分は既知の内容が多いかもしれません。

そして後半ブロックでは、エンジニアリングという仕事への取り組み方人間関係キャリアの伸ばし方について紹介されており、エンジニアになった後にどのようにキャリアアップしていくかを知ることが出来ます。なので、既にエンジニアになっている方向けも参考になる内容になっています。

全体を通して「エンジニアとしてのキャリアをこれからスタートさせていこう」と考えている方向けの書籍ですが、既にエンジニアとして働いている方も改めてエンジニアの仕事の全体像を復習をしたり、キャリアアップを手段を知ることが出来たりします。

同著者のSOFT SKILLSと同じく、Rubyの父ことMatzさんが解説している書籍としても有名です。

著者の紹介

著者は「John Z. Sonmez(ジョン・ソンメズ)」さんというアメリカ人の方です。

著書によると、主に現役でエンジニアをしていたときは.NET系のエンジニアとして働いていたらしく、現在はブログやポッドキャスト等のオンラインビジネスでエンジニアのキャリア支援を中心に活動されているそうです。書籍もその一環という感じみたいですね。

ちなみに著者のTwitterを見ていただければ分かりますが、身体がバキバキに仕上がっていますw

CAREER SKILLSを読んでみた感想

前半パート(第1部~第2部)

前半パートは主にエンジニアに就職する方法フォーカスして話題が展開されていきます。

実際にエンジニアに就職しようと考えている人の悩みとして、例えば「どこまで準備してから就職活動に望めばよいだろうか?」というものがあると思います。その悩みに対して本書では「身につけないといけない技術スキル」や「技術スキルの身につけ方」といったアプローチで、エンジニアに就職しようと考えている人の悩みに網羅的に回答している部分が良いなと思いました。

注意点として著者は日本のサービスに詳しいわけではなく、具体的なスクール名や学習サイトの名前があがっているわけではないので、

書籍の内容を実践するにはどの日本のサービスを使うと効果的だろうか?

と並行して日本の情報も調べながら検討するのがオススメです。

そして実際に就職するにあたり、履歴書の作成・面接・給与交渉・現在の会社を辞める、などの様々なプロセスが存在しており、それらについても言及しているのですが自分もほぼ100%同意見の内容が多かったです。例えば、履歴書の書き方に重点を置いている部分であったり、会社を去るときは基本的には円満に退社したほうが良いという部分ですね。

また、話すと長くなるので詳しくは割愛しますが、個人的にはコネ入社ができるならそれに越したことはないと思っているので、なるべく正面突破しない就職の仕方ができるのであればそのほうが良いですw

しかしながら、自分も含めそのような手段が取れない人も多いと思うので本書の内容が参考になります。就職活動に限らずですが、準備しなさ過ぎで爆死するのもダメだし、準備し過ぎで何もしないのもダメなので、何の準備にどのくらいの時間を割くべきかちょうど良い配分を示してくれている点が高評価でした。

後半パート(第3部~第5部)

後半パートは主にエンジニアリングという仕事への取り組み方にフォーカスして話題が展開されていきます。

これからエンジニアになろうとしている人だけではなく、エンジニアとして働き始めて数年が経験している自分のような人やベテランエンジニアにとっても参考になる内容となっており、特に第4部以降は経験年数に関わらず全エンジニアにフォーカスしている内容になっているところが高評価でした。

第3部の前半部分は主に用語の解説となっており、Web/モバイル開発であったりゲームプログラマーであったありの細かな違いを解説しているので自分ように既に何となく知っている人は飛ばして読んでも問題ないかと思います。しかし、デバッグやコードメンテナンスの章に関してはリーダブルコード等で既知の内容ではあったものの、何度でも復習したい内容なので目を通しておくことをオススメします。

第4部は主にエンジニアの人間関係をどのようにハックするかを解説している内容となっています。自分と同じで社内調整が得意な人は特に自然にやっていることが多いので読み飛ばしても良いかもしれませんw 特にエンジニアが社内で優位な立場でない会社では、エンジニアに対する評価が低すぎて不満に思っている人も多いかと思いますので、その人達が現実を受け入れて次に自分がどのような行動を取れば不満をなくせるかを考えられるパートになっています。

最後の第5部ではエンジニアのキャリアの伸ばし方にフォーカスされています。自分も確信していることではあるのですが、ある程度は社外の人とのつながりがないと良い仕事は舞い込んでこないため、積極的に外部発信をしていき社会的に評価されるようなエンジニアになっていこうという趣旨になっています。自分のようになるべくコネで仕事を取ってくるような世渡り上手になりたい人にとっては参考になる内容となっていますw

まとめ:エンジニアを目指す人にとっては必読の1冊

本記事では、僕自身がCAREER SKILLSを読んだ感想についてまとめました。

著者自身、ブログやYouTube等の色々なメディアで発信していて最も質問されるのが「エンジニアとしての第一歩を踏み出す方法」や「エンジニアになってから直近のキャリア形成」についてだそうです。

それらに課題感を持って執筆されただけあってかなりボリューミーな内容ではありますが、その分エンジニアとして自分自身が最良最高のキャリアを築く上で必要になる知識はほとんど網羅されています。

なので、定期的に読み返したい書籍だなと感じました。月並みではありますが、本を読んだだけではなく反復と行動でしか状況は変化させていけませんから。

というわけで、エンジニアになろうと決めた初心者の方や現役エンジニアの人にぜひ読んでいただきたい一冊でした!

また、同著者の「SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生設計マニュアル」に関しては、同じく書評記事を書いているのでコチラもぜひ読んでみてください!

【書評】SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生設計マニュアル どうも、Kohei(@koheinishino_)です。 エンジニアとして働き始めて安定はしてきたけど漠然とした不安がたくさん...
CAREER SKILLS ソフトウェア開発者の完全キャリアガイド
created by Rinker
ABOUT ME
Kohei Nishino
Webエンジニア、ブロガーです。新卒未経験で開発エンジニアとして大手SIerに入社し2年で退職。その後、派遣と業務委託を半年ほど経て都内のWeb系企業にエンジニアとして転職。しばらくは本業コミットのため技術的な話が多めです。Ruby on Rails / React.js / AWS